病院の対応で病状が変わる

病院には色々な理由で人が訪れます。健康診断や予防接種のように、健康な人が来ることもありますが、大半は心身の健康に何かしら問題を抱えていて、「弱った」状態の人ではないでしょうか。

そんな弱った人にとって、病院は頼みの綱です。病院の対応によって、病院に影響を与えてしまうほど、一つひとつの対応は重要だと思います。
例えば、総合病院での待ち時間。体調の悪い中延々と待たされて、やっと呼ばれたと思ったら「それは違う科ですね。もう一度そちらに並び直してください。」と血も涙もないことを言われた経験のある人は、少なくないと思います。これでは、病気が治らないどころか、待合室で違う病気をもらってしまうかもしれませんよね。

また逆に、長い間原因不明の体調不良に悩んでいた人が、病院で原因を突き止めてもらい、「大丈夫、治りますよ」と言われただけで体調が良くなってしまうこともあります。
病院はサービス業なのか公共の機関なのか微妙な位置づけですし、デパートのように至れりつくせりのサービスをしてほしいとは思いません。ただ、来院するほとんどの人が体調不良や不安を抱えていて、病院側の対応が大きな影響を与えることを、病院関係者の皆さんには忘れないでいただきたいです。