病院と看護師

病院での仕事

私が勤めている病院は小さな病院で透析を主に扱っている病院です。透析時週3回4時間の治療をします。その中でスタッフと患者さんは密に接していき指導をしていったり、たわいない会話をしたりします。この病院で勤めた時に、耳の聞こえない患者さんがいました。

スタッフとは筆談で離すことが主であり、会話という会話もしないでいる状態でした。正直どことなく寂しい感じもしました。どうにか筆談ではなく、会話を出来ないものかと考えてみんなで手話を覚えるようにしました。簡単な挨拶から始まり、体調をきいたり、普通の人が話すような会話を手話でするようにしました。

正直手話を覚えるのにはすごく苦労しましたが、手話で話すことを始めたらその患者さんが笑顔を見せてくれるようになりました。患者さんが笑顔でいてくれることは私たち医療従事者にとってとても力になることで、みんなで覚えた手話でそれが得られたことがとてもよかったと思っています。

たしかに筆談は簡単に出来て手っ取り早いコミュニケーションだと思いますが、その患者さんにとっては筆談はコミュニケーションにはなっていなかったのだと思いました。色々な患者さんがいて、ひとりひとりが違うコミュニケーションの取り方で笑顔が見られるなら、取り組んでいくことが楽しいと思います。

看護師の仕事の実態

私の友人に看護師の人がいます。その友人が言うには「看護師は色んな誤解されている」とのこと。そこで看護師の実態について、少しお話させて頂きます。

1.白衣の天使は存在しない。
友人からこのことを聞くと私はとても悲しくなるのですが、看護師のほとんどが裏では口が悪いようです。休憩室などでは暴言の嵐のようで、ひどい看護師だと「自分が夜勤のときに○○さんが死んで最悪だった」などの発言もあるようです。仕事が忙しくなるからだとしても、言っていいことといけないことがあるとは思うのですが、悲しい実態です。

2.給料は言うほど良くない。
これは病院にもよるかもしれませんが「初任給は普通より少し良いかもしれないけれど、その後、レポートや学習会に参加などしない限り基本給はほとんど上がらない」とよく友人はぼやいています。夜勤の回数に応じて夜勤手当はつくものの、夜勤の回数は自分で決められないため、少ないときは節約をして本当に大変そうにしています。そもそも基本給がなかなかあがらないため、勤務して10年も経てば他の業種の人と変わらないようです。看護師転職WEB240.netなどの看護師転職情報を利用して給料を上げるしかないのが実状だとか。私の友人も口コミで評判のマイナビ看護師というサービスに相談していて条件の良い求人があれば迷わず転職すると言っていました。

3.もてない。
「緊張感のある仕事をしているため暴言だけでなく性格までもキツくなっていく、給料が高いと思われているので男性は嫌がる、そもそも女性ばかりの職場で勤務形態も不規則なため出会いが少ない、よってもてない」ようです。早くに結婚する看護師は学生時代からの付き合いが多いようで、タイミングを逃すとほとんどお局一直線のようです。

毎回、友人の話を聞いていますが、それでも看護師は素晴らしい仕事だと私は思います。